TV電波障害対策工事

テレビ電波障害対策工事は、障害発生前の現状復帰が原則となり、これに係わる費用は原因者負担となります。
アナログ放送からデジタル放送に変わり、対策工事方法も、アンテナ対策が主流になっております。
デジタル放送の特性で、アンテナの高さや位置の変更、高性能アンテナに交換、前置増幅器を取付ける事で解消されます。

1. アンテナ対策

・ アンテナを高性能アンテナに変える。
・ アンテナ高を高くする。
・ アンテナの位置を変える。
・ 前置増幅器を設置する。
・ 中継局の放送局に変更する。(中継局がある場合のみ可)

※費用負担 当初工事費は事業主、故障等の場合は現状通り居住者となります。

2. 共同受信対策

・ 東電柱・NTT柱・自立柱等を用い、共同アンテナから各家屋保安器まで配線します。各諸官庁の申請が必要になります。
※費用負担 工事費〜維持管理費(各家屋保安器まで)が事業主負担。
 但し、管理区分や管理代行で移管する場合あり。

3. 無線・ミリ波対策

・ 河川・樹木・道路・ビルの谷間等横断の伝送に最適です。伝送距離は最大220mです。
※費用負担 工事費〜維持管理費が事業主負担。
 但し、管理区分や管理代行で移管する場合あり。

4. ケーブルテレビ対策

・ 各地域のケーブルテレビに再送信加入。
※費用負担 工事費〜維持管理費(20年/10年)を一括事業主負担。

以上、4種類の方法になります、現場ごとにより良い対策をご提案させて頂きます。
また、衛星放送(BS・CS110度)対策も同様の対策方法になります。